【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【MACD】#12

当ページのリンクには広告が含まれています。

MACD?何て読むの?

どうやって使うの?

前回は、「暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【一目均衡表】」について、ご紹介しました。

あわせて読みたい
【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【一目均衡表】#11 「一目均衡表?」「何が書いてあるのかわからない…」今回は「一目均衡表」についての紹介です。チャートやテクニカル分析にまったく触れたことが無い、投資初心者の方向けにポイントをシンプルに説明していきます。

今回は、暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【MACD】についての記事になります。

株式投資やFXをしている方には馴染みのある話ですが、チャートやテクニカル分析にまったく触れたことが無い、投資初心者の方向けにポイントをシンプルに説明していきます。

目次

MACDとは?

MACD(マックディー)は、移動平均線を基にした人気のテクニカル指標で、トレンド転換点や売買のタイミングを予測するために用いられます。

MACD(テクニカル名と同じだが、ここではMACDというライン)とシグナルラインの2本のラインがあり、これらの交差や相対的な位置から市場の動向を判断します。

売買サインがわかりやすいため、初心者でも使いやすいテクニカル指標のひとつです。

MACDの構成要素

MACD
  • MACD線: 短期の指数平滑移動平均線から長期の指数平滑移動平均線を引いた線
  • シグナル線: MACD線の指数平滑移動平均線
  • ヒストグラム:MACDチャート中央の棒グラフで、MACD線とシグナル線の差分

MACDの活用法

ゴールデンクロス

MACD線がシグナル線を「下から上」に抜けたポイントが買いサイン。 MACDのチャートがマイナス圏でゴールデンクロスした方が指標の信頼度が高い。

ヒストグラムがMACDのチャートの中心線の下から上に転換したポイントが買いサイン。

デッドクロス(デスクロス)

MACD線がシグナル線を「上から下」に抜けたポイントが売りサイン。MACDのチャートがプラス圏でデットクロスした方が指標の信頼度が高い。

ヒストグラムがMACDのチャートの中心線の上から下に転換したポイントが売りサイン。

上昇トレンド発生

位置: MACD線とシグナル線は中心線よりも上のプラス領域に位置。
傾き: MACD線とシグナル線は上向き。

下降トレンド発生

位置: MACD線とシグナル線は中心線よりも下のマイナス領域に位置。
傾き: MACD線とシグナル線は下向き。

ダイバージェンス

価格とMACDの動きが逆行する現象。例えば、MACDが上がっているのに価格が下がっているという状態です。

ダイバージェンス発生後にトレンドが転換する傾向にあるため、トレンド転換の売買サインとして使われることもあります。

テクニカル指標組み合わせ

各テクニカル指標には「トレンド系に強い」「レンジ相場に強い」等の特徴があります。

エントリーポイントや利確ポイント、ダマシの回避の予測精度を上げるためには単一の指標だけでなく、テクニカル指標を組み合わせて使うことが有効です。

ネットを検索して探す方も多いと思いますが、本当に多種多様な組み合わせがあります💦

自分が使用している組み合わせを紹介しますが、1つの例としてご参考ください。

RSI

あわせて読みたい
【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【RSI】#15 「RSI?どんなメリットがあるの?」「RCIとは別なの?」今回は「RSI」についての紹介です。チャートやテクニカル分析にまったく触れたことが無い、投資初心者の方向けにポイントをシンプルに説明していきます。

一目均衡表

あわせて読みたい
【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)テクニカル分析【一目均衡表】#11 「一目均衡表?」「何が書いてあるのかわからない…」今回は「一目均衡表」についての紹介です。チャートやテクニカル分析にまったく触れたことが無い、投資初心者の方向けにポイントをシンプルに説明していきます。

MACDを使う際の注意点

他のテクニカル指標と同様に、売買サインとは逆に動くダマシがあるので注意しましょう。

MACDはトレンド相場では力を発揮しますが、一定の幅で価格が上下するレンジ相場では機能しないことが多いです。他のレンジ相場に強いテクニカル指標と組み合わせて利用しましょう。

また、短期足のMACDがゴールデンクロスになっても、日足や長期足が下降トレンドなら下落する可能性が高いです。 日足や週足、月足といった長期足でのトレンドも把握しながら売買を判断しましょう。


MACDは見方もわかりやすく、投資の初心者向けのテクニカル指標として紹介されることが多いです。単体でなく、他のレンジ相場に有効なテクニカル指標と組み合わせて使うのをおすすめします。

言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします (-。-)y-゜゜゜

  • URLをコピーしました!
目次